WEB上のインターネットで通信する方法は、電話回線から、ひかり回線へと進化しつづけている。

ひかり回線でWEB上で動画を楽しむことができる

WEB上の通信は今やひかりです。

ひかり回線でWEB上で動画を楽しむことができる WEBとはもともと、「くも」であり、インターネットは世界中と通信でき、世界中に張り巡らされている回線を、比喩的に表現した言葉です。HTMLという言語で表現され、wwwの形で入力すると世界中で通信することができ、世界中で通信網が張り巡らされています。インターネットはパソコンだけでなく、携帯電話でも通信することができ、いまや誰もが世界とつながっている状態になっています。世界中と通信できるということは世界中の情報を知ることができ、例えば、外国にいる友人とつながっていることができたりするので、大変便利である。しかし、情報という意味では個人情報の流出につながることもあり、不特定多数の人が情報を共有することができるため、使い方によっては害になり得てしまうのです。

さて、インターネットを通信する方法ですが、今はひかり通信が一般的に使われています。以前は、電波通信などが使われていましたが、電話線に直接回線をつなげなければいけなかったりすると、インターネットを使用している最中は電話を使うことができないなど、不便なことが多かったものです。しかし、ひかり回線を使うと、電話線につなげる必要が無いので、電話を使うことができます。ひかりというだけあって、通信速度はとても速いというメリットがあります。さらに、盗聴されにくいという特徴があり、情報漏えいというパソコンの大きなデメリットを軽減するもので、安心してインターネットを使いやすくなったという点で、画期的な回線になっています。